こたつにっき

Unityで遊びつつメモとか書きます

ゲーム業界就活持ち物リスト(プランナー編)

5ヶ月ほどブログを更新してなかった言い訳の記事です。

 

タイトルの通りゲーム会社に就活へ行ってました。ゲーム作りが好きなので。

無事内定頂けたのであまり情報のないゲーム業界就活情報を

過去の僕のような何も知らんけどゲーム会社行きてえな〜〜〜みたいに思っている人向けに書こうと思います。

 

が、

 

「ゲーム開発論」とか「面白さとは」みたいな事は書きません。てか書けません。

偉そうな事書いたら後に見返して物凄い恥ずかしさに見舞われそうなのでね、

先回りして書かないことにします。数年後の僕は感謝してほしい。

 

ちなみにプランナー編と書いてありますがプログラマー編もデザイナー編も書く予定は有りません。詐欺。

 

 

1.プリンター

いきなり持ち物じゃないんですが、まあ就活において買ったもの という事で何卒。

最初は大学のプリンターで履歴書とか印刷してたんですが、プランナーだと

「企画書」が何にしても必要。

なのでまず自分用にプリンター買いました。

 

選ぶ基準としては

  1. 印刷が早い
  2. コストが低い
  3. 質はそこそこ

 調べたらbrotherがコスパ良いらしい。こちらをポチる。

brother インクジェットプリンター複合機 PRIVIO DCP-J767N
 

感想としては結構良いですね。まあもうお家にプリンターある人は別に新しく買わなくていいと思いますが…

スキャン機能やDVDラベル印刷もついてるので9000円で買えるのはお得。(僕が買った時は12000円でした...値下がりはや...)

DVDラベル印刷は手書きでいいし使う予定なかったんですが思ったより自分の字が汚いので重宝しました。

ちなみにDVDには企画書やポートフォリオの電子データ入れて送ってます。

 

デザイナーの方は印刷綺麗なのを優先した方がいいと思います。Cannonとか。

あくまで普通の書類レベルが早く印刷できるのがコレです。画質レベル上げると結構遅くなります。

インク代は安い! 文句なし!

2.水筒 

thermo mug(サーモマグ) アンブレラボトル TURQUOISE

thermo mug(サーモマグ) アンブレラボトル TURQUOISE

 

水筒です。

 

ゲーム関係なくね?とお思いの方は申し訳ありません。

でもそんなにゲーム会社だからって選考が全然違うって訳でもなく、

面接がある訳ですよ。そりゃあるか。

 

僕は緊張すると喉乾くマンなので最初はいろはす買ってたんですが

面接の度に買うのはアレなので水筒買いました。

 

アンブレラボトルって名前の通り折りたたみ傘サイズなので、

リュックの傘ポケットにすっぽりなんですよ。

 

ニョキッ

f:id:kotatu99:20170704154557j:plain

 

かわいい。

 

反対のポケットはマジモンの傘

f:id:kotatu99:20170704154656j:plain

 

ちなみに面接は全部リュックです。説明会もリュックです。

macbookすっぽりリュック。お気に入り。 

このブランドだとこっちの方がよく見ると思うんですが、

日本の満員電車では邪魔なんですよね...デザインは良いんですけど。

 

就活だとビジネスバッグって言うんですか、

みんな持ってる手持ちのやつを買っても良かったんですが腕疲れないですか?アレ。

パソコン入れてたら腕が持ちそうにないのでやめました。

腕は仕事道具だから(ドヤ顔)

 

3.メモ帳

僕は予定は手帳に書かずスマホに入れてるので代わりにメモ帳です。

ネタ帳です。

トラベラーズノート Traveler's note book 茶 チャ 13715006

トラベラーズノート Traveler's note book 茶 チャ 13715006

 

 

トラベラーズノートって奴で、1個の手帳が複数の小さいノートで構成されています。

f:id:kotatu99:20170704155955j:plain

僕は罫線+無地+方眼の三冊スタイル。

 

無地はネタ帳。

前回の記事でメモしてた奴もコレ。

f:id:kotatu99:20170627161207j:plain

字汚ねえ〜〜〜

罫線と方眼は会社のメモやら何やら。あまり使い分けてない...

 

 

これで僕の就活セットが完成しました。 

f:id:kotatu99:20170704173522j:plain

 

地味〜〜〜

ちなみにパソコンを持っていく必要があるのかと言う指摘ですが、

これはお守りです。

 

4.オートチャージSuica

説明会やら面接やらで何かと交通費がかさみます。

皆さんSuicaやらパスモ使ってると思うんですが、いちいちチャージするの面倒だし

知らん路線だと焦るしで、時間の節約のためにSuicaオートチャージにしました。

viewカードをゲットしたらオートチャージの設定ができます。

 

f:id:kotatu99:20170704161535p:plain

 

振り返ると月6000〜8000ぐらいチャージされてました。

基本僕は都内だけだったのですが県跨いだりするともっと使いますよね〜。

 

まあ地方から来てる方とかにはそれっぽっちかよって感じると思いますが。

許してください僕には6000円は大金だったんです。

5.企画書

ゲーム会社全然関係ないじゃん!タイトル詐欺かよ!!!そうだよ

と思われても癪なので企画書を書く際に参考にしたサイトでも貼っておきます。

ちなみに参考書とかは買ってないです。

 

何故かと言うと、僕はクソオタク一般大学生でゲームの企画の授業とか一切受けてないんですね。

それで参考書買って付け焼き刃しても「ゲーム企画学科」みたいなとこ行ってる人には

「面白さ論」みたいな部分では勝てない訳で、尚更ゲームジャムで会った人とかを思い出すとそこで勝負するよりは、頭空っぽの方が夢吐き出せる気がしたからです。

 

でもやっぱり気になったので就活で会った同じくプランナー志望の方にオススメされた

これは読みました。立ち読みで

めっちゃ為になるので変な事考えず読んだ方がいいかもしれないです。ハイ。

 

では参考にしたサイト1個目

BUKKORO / ヨコオタロウ / コラム

ニーアシリーズで有名な今をときめくゲームクリエイターのヨコオタロウさんのコラム。

「宇宙で2番目にダメなゲーム企画書の書き方」は段階を追って企画書で何をプッシュするかパワポ付きで解説してくれるので有難いです。

ちなみに僕もパワポ(横向き)で企画書書きました。ワードで書く人もいるそうですが。

ここには他にもゲーム業界就職についてのコラムやらシナリオライターの話やらがあるのでまず最初に目を通した方がいいかと。

 

2個目!

news.denfaminicogamer.jp

電ファミニコゲーマーのホラーゲーム「零」と「SIREN」開発者のインタビュー。

こちらでは実際に使われた企画書(の一部)が公開されてます。

この「ゲームの企画書」コーナー自体がどうやってゲーム企画が出来上がったのか辿るものなのでプロの企画の立て方を読み放題という神コーナーです。ええ時代や。

他にも電ファミは面白い記事だらけなので殆ど読みました。

 

それとインタビューとして外せないのが「社長が訊く」シリーズですよね。

www.nintendo.co.jp

面白いゲームを作った人は作った人自体が既に面白い。

 

3つ目!

プラチナゲームズのフレッシュマンブログや技術ブログも企画書やゲームデザインに関する記事が多くて参考になりました。

www.platinumgames.co.jp

この記事は就活中に見てなかったんですが今見たらなんかドンピシャのが公開されてます。

 

ちなみに上で紹介したヨコオタロウさんのサイトについてのコメントがありました。

このサンプルの企画書に関してはヨコオさんからの伝言があります。

「宇宙で2番目にダメなゲーム企画書の書き方」を参考にする人が多く、業界的に拡散された為、あまり丸パクするとバレるよ

との事です。

だそうです。

 

プラチナゲームズ以外にも「新人ブログ」や「技術ブログ」をやってる所は読み漁って企画書の切れ端とか見えてたら拡大してガン見してました。

 

後は説明会等で先輩方の就活に使用した企画書やポートフォリオが読めたりするので参考にするのがいいと思います。

僕からは特に偉い事言えませんがとりあえずフリー素材でも何でも使って「」を入れた方がいいと思います。

文字だけでは伝わりにくいですし何より絵が無いと企画書読んでて退屈ですからね。

僕は絵とか描けないのでUnityのアセットストアやフリー素材サイト、いらすと屋と何でも使いました。

でも、中にはストーリー全振りでいける人もいると思うので、自分の得意な所、やりたい事をアピールして行くのがベストではないでしょうか。

 

参考になったかは分かりませんが僕のゲーム業界就活の感想としては

「割と普通(の企業と変わらない)

でした。まあゲーム業界以外受けてないんですけどSPIもあるし、グループディスカッションあるし、書類選考→面接とやる事変わらないですからね。

スケジュールも僕は3月スタートという普通の枠。インターン枠とかじゃないです。

 

気負わず「ぼくのかんがえためっちゃおもろいゲームプレゼンしたるで!!!」

みたいな気分で行けばいいと思います。

 

とりあえずゲームジャムに参加すればいいんじゃないかな(宣伝)

僕がゲーム業界に行こうと思ったのもゲームジャム後の懇親会でゲーム会社勤務の方から

「ゲーム業界なら周りみんなゲーム作りが好きな人だらけだよ」

と言われたのがきっかけなので。その人は会社に内緒で来てるって言ってたけど

それまでゲーム作りは片手間で普通の会社に行こうと思ってました。

ありがとうゲームジャム。

 

なんかしんみりしちゃってますが、まだスタートラインにも立ってないわけでこれからもゲーム開発頑張ります。

まず大学卒業しないと...

 

この記事がゲーム業界に進む人へ役に立つかは正直疑問ですが応援してます。

偉そうな事書けるようになったら偉そうな記事書きたい。

 

〜おわり〜